赤いスカートについて思い出すこと 2014.03.24

 

 

小さい頃、母の姉がくれた真っ赤なスカート

 

当時は黒や茶や紺の暗い色の服をよく着ていて

 

見慣れない膝丈の赤いスカートはなかなか着ることができなかった

 

かわいらしい女の子のしるしのように思えて

 

着て出歩く勇気は出なくて

 

ずっとハンガーに掛かったままのそのスカートを何度も見上げていた

 

 

 

約15年ぶりに、そのスカートを思って絵にして

 

安西水丸さんが講師をしてくださる日にみて頂いた

 

この一枚は君の原点みたいなものになる気がする

 

なにかあるね、って笑いながら

 

冗談でも嘘でも

 

帰りの電車のなかで泣いてしまうくらい本当に本当に嬉しかった

 

赤いスカートは、言うとおりに私のスタートの一枚になった

 

先生の絵が、印刷されて本の一部になってこの手の中にある

 

これがほんとうのこと