水を飲むこと 2014.08.27

 

 

学生時代、夏。

 

友人と青森に旅行へ出かけたことがある

 

なんだかくたくたになって、

 

帰りのフェリーの待ち時間のあいだにレストランへ

 

差し出された水を、友人である彼女が飲んでいる

 

自然な表情で、当たり前に水を飲む彼女をみていたら

 

ああ これってすべてなのかもしれないな、

 

そんなふうになんとなしに実感していたことを思い出す

 

 

 

「生きていくっていうことは、

ごくごくと水を飲むようなものだって、」

 

−吉本ばなな 著 アムリタ−