ダンサー・イン・ザ・ダーク 2015.03.29

 

私はもう 見たいものは全て見たのよ
木々も見たし
そよ風と戯れる柳の葉も見たわ
人生の途中で、親友に殺された男も見たし、
私は自分が何者だか分かったし
どんな人間になっていくかも分かっている
すべてが見えたから、もう他に見たいものなどないの
(だけどゾウや、ペルーの王様は見てないだろう?)

みたいと言えることがしあわせよ

(ねえ、中国はどう?万里の長城は見た?)
どんな壁も偉大よ、屋根が崩れ落ちなければ

(どんな男と結婚するか知りたくないかい?
そして彼とどんな家に住むのかを)
そんなこと興味がないわ、本当よ
(ナイアガラの滝は見たことがないだろう?)
水を見たわ 滝も水よ
(じゃあ、エッフェル塔は?エンパイア・ステイトビルは?)

初めてのデートの脈拍は同じくらいに高かったわ
(君の髪に指をからませて遊ぶ孫の顔を見たくない?)
もう本当にそんなことは興味がないの、本当に

私はすべて見たの、暗闇も
そこに輝く小さな閃光も
私は、私が見たいものを見て、必要とするものを見たの
それだけで十分なのよ
それ以上欲しがるのは欲張りだわ
自分が何者かもわかったし、
これからどんな人間になっていくかも分かってる
すべてが見えたから、もう他に見たいものなどないの

 

björk  - I’ve seen it all

 

彼女は 息子とミュージカルをまともに愛していた

どんな壁も偉大で、力強い滝も一滴の水

生きることは数じゃない 経験は数えられる物じゃない

まともに誰かを愛すること

まともになにかを愛すること